〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1 Tel. 025-284-6365 E-Mail:jimukyoku@ni-kenyuukai.jp
新発田支部紹介

<新発田支部の範囲:新潟市北区、新発田市、胎内市、阿賀野市、聖籠町>


1 新発田支部自慢

 新発田支部の区域内には、藤塚浜、紫雲寺浜海岸、内陸部には、福島潟、瓢湖、升潟、弁天潟があり、そして、背後には二王子岳や五頭山、飯豊連峰が聳えており、自然豊かな地域です。

 当支部では、支部総会と新年会の開催に併せて講演会を開催しています。第1回目の平成17年6月から実に30回も開催してきました。演目は、地域の歴史、健康・医療、マジックショー、落語や演奏等々ですが、本年度の総会は新型コロナ感染防止対応で、議案書を会員に送付するという形になりました。

 また、ボランティア活動も平成19年秋に県立新発田病院駐車場でチューリップの植栽を実施して以来、毎年春・秋の2回実施のほか福祉施設でも実施し、こちらも延べ30回の活動をしています。歴代の支部長、役員の皆様の努力で長年にわたり実施してきたので、これからも良き伝統として継続してまいります。

R2. 2月の新年会・講演会 県立新発田病院駐車場のスイセン 正面玄関横のチューリップ植栽
R2. 2月の新年会・講演会 県立新発田病院駐車場のスイセン 正面玄関横のチューリップ植栽

2 役員体制(支部会員数 126人)

   支部長 江口孝雄  副支部長 阿部良満  常任幹事(会計) 渡邉良人

   幹 事 阿部 悟  栗賀吉弘  嶽岡方子  土田陽平  肥田野平太郎  吉田 茂

   監 事 鈴木秀男  渡邉 正


3 支部令和2年度活動計画等について

(1) 支部定期総会・講演会 6月6日(土) 15:00 ~  会 場  志 ま や  ※ 議案書送付に変更

(2) 支部会員名簿の配布  4月24日に配布

(3) ボランティア活動   5月16日及び10月17日 県立新発田病院

            6~7月 福祉施設(ヒルトップくしがた)

(4) 新年会・講演会    令和3年1月30日又は、2月6日(講師との日程調整により決定する。)


4 事業実施状況について

(1) 定期総会 新型コロナ感染防止対応のため、4月24日に会員に議案書の送付による代替措置

(2) ボランティア活動 ※ 新型コロナ対応で県立新発田病院等との打合せの結果、少人数での実施
 5/22 会員自宅庭にて、サルビア(18苗)、ベゴニア(18苗)をプランターに植栽し、
 5/24に県立新発田病院の正面玄関横に配置  参加会員 3人
 6/ 8 「ヒルトップくしがた」の正面花壇にコスモス(50本)、ひまわり(7本)、マリーゴールド(25本)
    を植栽  参加会員 4人

~~~令和2年度秋 新発田支部のボランティア活動~~~
 新発田支部では、例年実施している秋のボランティア活動として、県立新発田病院の正面入口横にプランター植栽した花を設置しています。
 今年は、コロナ禍の中で漸く新発田病院の許可をいただき、10月17日(土)に支部会員14人の参加のもとパンジーとビオラの花苗、チューリップとスイセンの球根植えをそれぞれ16個のプランターに植えました。
 また、特養施設「ヒルトップくしがた」(新発田市菅谷)の施設入口にもパンジーとビオラを植えたプランター8個とスイセンの球根を植えた鉢1個を設置しました。
 次回は、このパンジー、ビオラ、スイセン、チューリップが満開に咲き終わった5月に春のボランティアを予定しています。

◎正面入口横に設置したパンジーとビオラのプランター ◎正面入口横に設置したパンジーとビオラのプランター
◎正面入口横に設置したパンジーとビオラのプランター
R2. 2月の新年会・講演会 県立新発田病院駐車場のスイセン
◎来年の春を待つチューリップとスイセン ◎「ヒルトップくしがた」の施設入口に設置のプランター

※植えることに一生懸命になっていたので、参加会員の奮闘のシーンを撮り忘れました。